【世界三大ゲーム】2.カタン『CATAN』~初期配置と準備~

更新日:

「カタン」は1995年にドイツで生まれ、世界中で何百万人もの人々に愛されているボードゲームの最高峰です。

時は大航海時代。未知の世界を求めて旅立った探検家であるあなたは、長くつらい航海の果てに無人の島に辿り着きます。そこは広大な大地に豊かな資源が眠る「カタン島」と呼ばれる未開の島である。

しかし、その島に辿り着いたのはあなただけではありません。新天地を夢見る開拓者たちが次々とカタン島に上陸し、島を開拓しはじめました。

あなたは大地に眠る豊富な資源を活用し、街道を敷き、開拓地を作り、それを大きな都市に成長させます。必要な資源を得るためには、他の開拓者と交渉し資源をトレードする必要もあるでしょう。

カタン島の支配者になれるのは、もっともはやく開拓を進めた一人だけ。さあ、資源と知恵をうまく活用し、自分の運を信じて、カタン島の開拓競争へ乗り出しましょう。

スポンサーリンク

カタン『CATAN』初心者のための初期配置例から遊び方

パーツの種類・役割については前回の記事を参照してください。

【世界3大ボードゲーム】1.カタン『CATAN』資源で未来を開拓するロマン~パーツの種類と役割~セット内容

15年前から、世界中で何百万もの愛好家が、このボードゲームで取引や建設を楽しんできました。その数は今もなお増え続けています。 カタン『CATAN』とは カタン・・・それはみなさんが発見した無人島に付け ...

初めてプレイする方は、地形タイルの並べ方や最初の開拓地・街道の置き方に悩むかも知れません。安心してください。付属の説明書には、初心者のための初期配置例として、タイル・数字・チップ・コマがすでに配置された図があります。また、アイキャッチ画像がその配置となっております。

ゲームの準備

1.ゲーム盤を作ります。

・海フレームを組み合わせていきます。海フレームは、凸凹の横に「数字」が書いてありますので、同じ数字の凸凹を組み合わせるようにしてください。

2.次に地形タイルを置き、数字チップと盗賊コマは置いていく。

・地形タイルは、説明書の初心者配置例を見て同じ配置で置いて行きます。地形タイルをすべて置いたら、中央の砂漠タイルの上には盗賊コマを置き、他のタイルの上には数字チップを置きましょう。

3.各プレイヤーは4色のコマから自分のコマを選び、最初のコマを置き、カードを用意していきます。

・各自、建設コウト表1枚と、自分が選んだ色のコマ(開拓地5つ、都市4つ、街道15本)を持ちましょう。

・資源カードは種類別に5つの山札に分け、表にして全員の手の届くところへ置きましょう。

・発展カードは全種類をシャッフルして「山」にし、裏向きのままテーブルの上に置きます。

・ボーナスカード2枚とダイス2個を、全員の手の届くところへ置きましょう。

・プレイの順番をダイスで決め、まず順番に開拓地と街道を1つずつ配置します。次に逆回りの順で開拓地と街道を1つずつ配置します。

・各プレイヤーは、コマを置いた開拓地から最初の資源を獲得してください。

ここまでが、配置から準備となっております。全3記事(パーツの種類と役割、配置から準備について、カタンの遊び方)で、ご紹介となっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ボードゲームチャンネル
-

Copyright© DANDELIONGAMEBLOG , 2018 All Rights Reserved.