『UNO スーパーマリオ』ーカード全種類・カードの効果ー

更新日:

今回は2016年より追加されたカードに加え、『UNO』スーパーマリオにしかないカードもありますのでご紹介していきます。

また、意外に以前からあるカードの使い方を間違っている場合もありますので使い方やルールもおさらいしてみて下さい。

UNO|スーパーマリオ 通販はこちら

UNO『スーパーマリオ』カード全種類はこちら

UNOがスーパーマリオとコラボ!!

いつものUNOに飽きたらこれがおすすめ!!

通常カードに加え「スーパーマリオにだけある特別カード」もあるのでいつも楽しんでいるUNOとはまた一味違ったUNOが楽しめるかも!?

詳しい遊び方はこちらの記事へ

ウノ『UNO』スーパーマリオ~遊び方・ルール~通販はこちら

1971年のある日、ウノを考案したマールは、家族や友人に「ウノ」を紹介する。 すると驚くくらい彼らがこのカードゲームに夢中になって遊ぶのを見て、思い切って家族と販売をスタートした。 その後、ウノゲーム ...

スポンサーリンク

数字カード・・・76枚(青、赤、黄、緑 0は各1枚、1~9は各2枚)

このカードが出されたら、次の番のプレイヤーは同じ数字・同じ色であれば出すことができます。それ以外は、出すことができません。

 

ドロー2カード・・・8枚(青、赤、黄、緑 各2枚)

このカードが出されたら、次の番のプレイヤーは「山」からカードを2枚引かなければなりません。カードは捨てられず、次のプレイヤーの順番となります。また最初の場のカードがこのカード(ドロー2)だった時は、最初のプレイヤーの次の番のプレイヤーが2枚引いて次に順番が移ります。

 

リバースカード・・・8枚(青、赤、黄、緑 各2枚)

プレイ順する番が逆になります。左回りだったのが右回りに、右回りだったのが左回りになるわけです。最初の場のカードがこのカードだった場合は、時計回りのはずの順番が反時計回りと逆になります。

 

スキップカード・・・8枚(青、赤、黄、緑 各2枚)

次の番のプレイヤーが一回スキップできます。自分がこのカードを出したら、次の次のプレイヤーの順番になります。最初の場のカードがこのカードだった場合は、最初のプレイヤーの次の番のプレイヤーはスキップとなります。

 

ワイルドカード・・・4枚

このカードを出す人は、好きな色を宣言することができます。場のカードがなにであっても、関係なく出すことができます。最初のカードがこのカードだった場合は、最初のプレイヤーが好きな色を宣言して出すことができます。

 

ワイルド  ドロー4カード・・・4枚

このカードを出す人は、好きな色を宣言でき、さらに次のプレイヤーは「山」から4枚引かなければなりません。4枚カードを引いても手持ちのカードは捨てられずに次のプレイヤーへ順番が移ります。また他に使えるカードがある時は、このカードは使えません。ただし、「反則」してばれないように使うことができます。その場でバレてしまうとペナルティーとなります。またその場でバレなければペナルティーはありません。しかし、また最初のカードがこのカードだった場合は、もう一度引き直してください。

1.ワイルド ドロー4カードが出された時に、次のプレイヤーは反則で使われていると思ったら「反則」と宣言しましょう。また、次のプレイヤーのみ言うことができます。

2.どろー4を出して疑われたプレイヤーは、手持ちのカードを宣言したプレイヤーにだけ見せなければいけません。

3.本当に「反則」だった場合はペナルティーとして、反則したプレイヤーはドロー4カードを手持ちに戻して、さらに「山」から4枚引きましょう。逆に、「反則」していなかった場合は宣言したプレイヤーが、「山」から6枚引くことになります。

 

ホワイトマリオカード・・・2枚(2016年より追加された新しいカード)

好きなルールをカードに鉛筆(HBかB)で書いてください。みんなと相談して決めてもよいでしょう。このカードを出されたら、書かれたルールに従わなければいけません。そして好きな色を宣言して次のプレイヤーの順番となります。また場のカードがなにであっても、関係なく出すことができます。最初のカードがこのカードだった場合は、最初のプレイヤーが好きな色を宣言して出すことができます。

好きなルールを書けますが、ゲームバランスが崩れないようにしましょう。

1.自分がもう一度プレイできる

2.自分以外のプレイヤーは、手持ちのワイルドカードを全て捨てること

3.おもしろい話をして、誰も笑わなかったら「山」から4枚引く

無敵マリオ・・・2枚(2016年より追加された新しいカード)

このカードは、他のプレイヤーがドロー2やドロー4のカードを出された時、同じ効力で跳ね返すことができます。他のプレイヤーは自分の出したドロー2、またはドロー4のカードの枚数を「山」から引かなければなりません。また場のカードがなにであっても、関係なく出すことができます。最初のカードがこのカードだった場合は、最初のプレイヤーが好きな色を宣言して出すことができます。

今までの5種類の記号カードに加え、2016年より追加された2種類カード(スーパーマリオバージョン)でした。

新しく追加された2種類のカードで計7種類の記号カード、そして簡単なルールと、友人や家族で遊んでみてはいかがでしょうか。ちなみに、遊び方は前日の記事です。

またお子様には、ルールをよく説明してから遊びましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-カードゲームチャンネル
-

Copyright© DANDELIONGAMEBLOG , 2018 All Rights Reserved.