どこでもドラえもんカード『ドラストワンゲーム』ルール・遊び方|通販はこちら

更新日:

前回のボードゲーム「どこでもドラえもん日本旅行ゲーム+」で使用した『どこドラカード』を使った遊び方をご紹介。

ドラストワンゲームとは、同じ数字・同じ色のカードを出し合うページワン風ゲームである。早く手持ちのカードをなくした人の勝ちです。

どこでもドラえもん|通販はこちら

セット内容

・どこドラカードのみ・・・40枚(ボーナスカードも含む)

ドラストワンゲームー準備ー

プレイ人数

2人~4人用となっております。

ゲームの準備

1.「どこドラカード」をウラ向きのままよくシャッフルします。シャッフルしたら、全員に5枚ずつ配りましょう。

2.残りの「どこドラカード」をウラ向きのまま山にして中央に置きましょう。上から1枚めくり、場の中央に表にして置きます。

3.ジャンケンなどで1番の人を決めましょう。またプレイの順番が決まったら、基本は時計回りで進めます。

スポンサーリンク

ドラストワンゲームー遊び方ー

1.1番始めのプレイヤーは自分の手持ちのカードから、場に出ているカードと同じ色・同じ数字のものがあれば、1枚だけ上に重ねて出します。

・同じ色・同じ数字が2枚以上あっても、2枚以上を同時に出すことはできません。

・またカードを場に出す時は、自分のどこドラカード名前をみんなに聞こえるように言いましょう。

※もし言い忘れたときは、ペナルティーとして山から1枚引いて手持ちに加わることになります。

 

2. 出せるカードがないときは、山から1枚引きます。引いたものが出せるカードであればすぐ出せます。出せないカードであればそのまま手持ちになります。

・次の人からは、前の人が出したカードの色や数字を見て、自分のカードを出します。

・「2のカード」が出たら、次の人は山から2枚引きましょう。ただし、次の人も「2のカード」を持っている場合はその上に足すことができます。その場合は、次の人が山から4枚引くことになります。また、同じ色・同じ数字のカードを持っていても出すことはできません。

・ボーナスカードは、オールマイティカードとなっており、色・数字に関係なく出すことができます。さらに好きな色か、好きな数字のどちらか1つを決めることができます。

 

3. ラスト1枚になった場合は、「ドラスト」と言いましょう。

・言い忘れた場合は、ペナルティーとして山から2枚引きましょう。また、同じ色・同じ数字のカードを持っていても出すことはできません。

ゲームの勝敗

最初にすべての手持ちのカードがなくなった人が回です。そこでゲーム終了となり、残りの手持ちのカードの数字の合計が少ない人から順に2位、3位、4位となります。

また小さいお子様と遊ぶ際は、ルールをよく説明してから遊びましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ボードゲームチャンネル, カードゲームチャンネル
-

Copyright© DANDELIONGAMEBLOG , 2018 All Rights Reserved.